Sponsored by 国華園
毎年、5月の第2日曜日にやってくる“母の日”。
みなさんはもう何をあげるか決めていますか?

調べてみると、
(出展:価格.comリサーチ)
このように、半数の方がお花を贈るようです。

そのなかでも定番なのが” カーネーション “ですよね。
カーネーションは赤くてギザギザとした花びらがとても綺麗!

そんなカーネーションが、母の日に贈られるようになったのはなぜだか知ってますか?

母の日にカーネーションを贈るワケ

その昔、アン・ジャービスという女性がいました。

アンは、アメリカが南北戦争をしている時代を過ごしていたそうですが、
そんな戦争中でも敵や味方などを区別せず、傷を負っている兵士を見かけると手当をしていたそうです。

そのアン・ジャービスが亡くなってしまい、
娘のアンナが母が好きだったという白いカーネーションで追悼したということが始まりと言われています。
そして、1914年 アメリカ連邦議会が5月の第2日曜日を「母の日」とする法律を決め、

翌年から世界で初めて「母親のための記念日」が制定したそうです。
(※諸説あります。)
母の好きだったカーネーションで追悼するなんて、とても素敵な話ですね。

日本での始まりはいつ?

日本に母の日の風習が伝わってきたのが大正時代と言われていて、全国に広まったのは第二次世界大戦後。

きっかけとなったのが1937年に森永製菓が「母の日」を全国的に宣伝し広めたからだそうですが、
その後戦争に突入してしまい、終戦後にアメリカと同様に5月の第2日曜日が「母の日」として制定されたのです。

なぜ赤いカーネーションなの?

アメリカでは白いカーネーションが始まりといわれているようですが、

日本では赤いカーネーションを贈る風習がありますよね。

実はその後、白いカーネーション=亡くなっている人へ送る、
赤いカーネーション=健在である母親へ送る、という流れができたそうです。

ですが、赤色と白色で贈る相手がわかってしまうと、
赤を贈る=お母さんがいる
白を贈る=お母さんがいない
・・・と周りに知られてしまうという事態に。

お母さんのいない小さな子供の気持ちを傷つけてしまうのではないか・・・
という懸念があったので、みんなが「赤いカーネーション」を贈るよう統一されたのです。

今ではいろんな色のカーネーションが生まれたので、赤いカーネーションだけにこだわらず、
好きな色を贈るという方が増えてきました。

みなさん何色のカーネーションを贈っているのでしょうか?

花の色によって意味がある

色とりどりのカーネーションには、それぞれ意味があるので、その意味をご紹介します。

=赤「母親の愛情、愛を信じる、情熱」

=紫「誇り、気品」

=ピンク「上品・気品、感謝、温かな心、美しい仕草」

=オレンジ「純粋な愛情、清らかな慕情、感動」

=青「永遠の幸せ」

定番の赤やピンクには感謝の気持ちを表すにはぴったりな意味がありますね!

感謝を言葉にするのって、恥ずかしくてなかなか難しいですよね。
それを花言葉に置き換えることで贈りやすくなると思いますし、貰った方にもとても喜ばれると思います!

白いカーネーションは亡くなった方に贈る色なので、その色は避けることだけ覚えておきましょう!

カーネーションの購入タイミングは重要!

5月の第2日曜日が母の日なのね、じゃあ日にちが近づいてきたら買えばいいか~。

と思った方、それでは間に合わないかもしれません!

「母の日」もクリスマスやバレンタイン、そういったイベントと同じように
全国でカーネーションが飛ぶように売れるので、手遅れになってしまうかもしれないのです。

お花屋さんの数もそんなに多くないですし、注文を受けて、メッセージカードを付けたり、
ラッピングや梱包、配送の準備など通常の営業にプラスでそういったことをしないといけないのでバタバタですよね。

こちらのサイトでは、送料無料で母の日のカーネーションをお得に購入することができます。

Yahoo!ショッピング母の日部門、花・ガーデニング部門で1位(※昨年度)を獲得したこともあるこちらの国華園では、

シリーズ累計で約99,000件を突破している実績があるところなので、ネットの注文でも安心できますね!

実は、お母さんが母の日に欲しいプレゼントとして、「スイーツとお花のセット」が特に人気があるんです。
外で美味しいモノを食べたい!高級なスイーツが欲しい!といったような声も多く聞かれます。

この国華園は90年の実績のある園芸店で、そういった和菓子や洋菓子などさまざまなスイーツと、
敏腕バイヤーが厳選した高品質のカーネーションやその他のお花とのセットも購入できるんです。

ほかにも、追加料金なしでメッセージカードがついてきたり、可愛いギフトボックスに梱包されて届きたりするので、
贈ったお母さんに喜ばれること間違いナシです!
どれも人気なセットなので、早めに予約しておかないとなくなってしまうかもしれません!
お母さんや贈るひとの喜んでくれたときの笑顔を思い浮かべながら、何を贈るのか考えるのも楽しいですよね。

ぜひプレゼント選びの参考にしてみてください。