photo 突然ですが、上の写真、紫外線による仕業ってこと知ってました?
皆さんも経験があると思いますが、洗濯バサミを長年使っていると最初は写真の左側のような水色だったのが、時間が経つにつれて右側のように色あせていき、最後はボロボロになっていきます。


仮にこれが、私たちの“肌”だとしたら怖くないですか?


日焼け止めを買う時によく目にする紫外線【UVA】と紫外線【UVB】。このふたつの違いは、肌に与えるダメージの違いなのですが、
上の写真の犯人は紫外線【UVA】

紫外線【UVA】と紫外線【UVB】

larg

☆肌を赤くする紫外線【UVB】

長時間の日光浴で肌が真っ赤に焼けたり、水膨れができたり…。このように肌が赤くなる日やけ(サンバーン)の主な原因となるのが紫外線(UVB)です。
UVBはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。
ただし、波長が短い分、紫外線A波(UVA)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。
日常生活の中で、例えば日傘を使うなど、極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度防御することができます。

肌の奥まで届く紫外線【UVA】

一方、紫外線【UVA】は、紫外線【UVB】ほど肌に急激な変化を与えません。
紫外線に当たってすぐに肌が黒くなるというような日やけ(サンタン)は
引き起こしにくくなっているので、一見すると紫外線【UVB】よりも肌への影響は少ないように見えますが、
近年の研究で、この紫外線【UVA】がシミやしわの発生に大きく関わっていることがわかってきました。
波長が長い紫外線【UVA】は、肌の奥深くまで到達し、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。

img_uva_uvb03
始めに見て頂いた“洗濯バサミ”は、この紫外線【UVA】が長い時間をかけ、徐々にボロボロにしていった結果なのです。

しかも紫外線【UVA】は、オゾン層を通り抜けやすく、常時、紫外線【UVB】の20倍以上も地上に降り注いでいます。
雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも常に対策が必要です。




この時期が一番危険?!

lar UVBは季節によって変動が激しく、5月頃からだんだん増え始め、6~8月に最大となります。夏に比べて、春・秋はその半分程度、冬には1/5程度になります。

一方、UVA一番強くなるのは5月で、一番少ないのが12月です。それでも5月の半分程度はありますので、冬でも油断は出来ません。2月でも紫外線量は真夏の80%もありますから、紫外線対策は1年中必要であるといえます




手軽なのにしっかり対策!今話題の○○

la 今まで“日焼け止め”というと、クリームやジェルなどを塗りたくるイメージですよね。
べた付くし、へんな臭いがするし、肌の負担になるし、塗り忘れてしまうしで日焼け止めに良いイメージがない人も多いかと思います。
日本では、まだ塗るタイプの日焼け止めが主流ですが、
海外ではもうおなじみとなっている“飲む日焼け止め”を皆さんはご存知でしょうか?

日本でも、2016年より解禁されたことから今大注目の日焼け止めなのですが、
“飲む日焼け止め”は、その名のとおり、飲むことでUVカット効果を発揮する飲んでケアする日焼け止めのことです。


でも、なんか“飲む日焼け止め”ってアヤシイ・・・。本当に効果あるの?どんな原理で日焼け止め効果を発揮しているの・・・?
そう思う方も多いと思います。

“飲む日焼け止め”には、紫外線によるメラニンを抑制する成分、シトラスやローズマリーから抽出された「ニュートロックスサン」トマトに含まれる「リコピン」、「ビタミンE」がなどが含まれており、飲むだけで簡単に紫外線による日焼けから肌を守ることができます。




飲む日焼け止め「美百花」納得の成分


170405_PC_bihyakka_LP3_10

★即効性と少量での高い効果

・クロセチン
このクロセチンは、クチナシの果実やサフランに含まれる黄色の天然色素で、強い抗酸化力を持っているので、
朝のお出かけ前に摂取するだけで、昼間の強い紫外線による肌へのダメージを
和らげてくれます。

また、血流を改善してくれる効果もあるので、肌への栄養供給・老廃物の除去を促進してくれ、
肌の炎症の緩和やシミ改善・予防をしてくれます。

★目・肌をしっかり保護

・ルテイン
紫外線・可視光線から最もダメージの強い青色光を吸収し、
目だけはでなく、肌の保護にもつながります。

★抗がん作用

・ザクロエキス
強い抗酸化物質と抗がん作用を持つとされている話題の成分です。

美百科は安心のMADE IN JAPANで、国内の工場で作られているので、
徹底した品質管理がされています。

★美百科の効果的な使い方

・適量は?
1日2~5錠水かぬるま湯で飲んでください!

・いつのんだらいいの?
食品なので特に決まりはないようですが、私はいつも朝のお出かけ前に飲んでます!
これだけで長時間のUVカット効果が期待できます♩




モニターで喜びの声多数!


プールや海でも使える日焼けケア!
プールや海に行った時はどうしても水で日焼け止めクリームは流れてしまって効果が出なかったり、塗ったところがぬるぬるして不快感がありました。飲む日焼け止めなら内側からの日焼けケアなので水場でも関係なく日焼けケアができているのでとても便利です♡
【22歳 学生】


塗りなおさなくていいのが便利!!
日焼け止めクリームって忙しい時にわざわざ塗るのが大変だし、汗で落ちたりするから効果がなくなってしまうのが悩みでした。焼けないために何度も何度も塗りなおしていたけれど、飲む日焼け止め「美百花」のおかげで、そんな生活は終わりにできます!!
【29歳 OL】


塗り忘れがない!
以前、耳だけクリームを塗り忘れて焼けてしまったことがありましたが飲む日焼け止めなら塗り忘れもないし、塗りムラもないから安心です♩
【33歳 会社員】


1年中続けられる!
1年中紫外線あるから日焼けケアが必要なのはわかっていたけれどクリームを塗り続けるのは大変なので夏だけのケアでした。飲むだけなら気軽に続けられそうです!
【28歳 女性】
※個人の感想です。

モニターさんも、その高い効果を実感されているみたいですね。
良くあるうっかり塗り忘れや、塗り直しも気にしなくていいのは
ありがたい♪


美百花の最安値は?もっともお得に購入する方法!

キャプチャ まずは、気になる「美百花」の販売店舗を調べてみました!

近くのドラッグストア、大手ネット通販の楽天、Amazon、ディスカウントショップを検証してみましたが、残念ながら取り扱いはなく市販はされていない事が判明しました。

という事で、今の所「美百花」の取り扱いは公式サイトのみになりますので類似品にはご注意下さい!

では気になる最安値は?

お得な定期コースが最安値!!

cv
公式通販サイトを検証してみた所、通常価格7,980円のところ⇒先着残り49名様限定で初回特別価格500円+税(送料無料)のお試しが出来るみたいです。
更に2回目以降も25%OFFの4,980円+税なので、継続にもお得なコースに♩
始めるならお得な今がチャンス!ただし、ご好評につき完売している事もあるので、お早めにゲットする事をオススメします!!